「予想通り10万の負け。帰り、ヤケ酒とラーメン」――あるギャンブル中毒者(男性・50代・会社員)の日記を読む

自宅からほど近くに「手帳類図書室」という施設がある。 人が記した手帳や日記やネタ帳など、あらゆる「手帳類」を収集する志良堂正史のコレクションを読むことができます。ギャラリーの一画で、誰にも見せるつもりじゃなかった手帳類を、1時間1000円からご…

相応しさ(高松宮記念予想)

今週も無観客開催である。競馬場・場外馬券場に足を運べない週末に、いい加減飽き飽きしてきている。が、世間は新型コロナウイルスでてんやわんや。仕方ない。今週も自宅のテレビ越しにレースを眺める。さて、高松宮記念の話。言わずとしれた電撃戦。とにか…

『賭博者』を読んだ

って、読んだのはもうずいぶんと前のことではあるんですが……Twitterのタイムラインに読後の感想が流れてきたので、それに引っ張られるかたちで所感を書き残す。 『賭博者』はドストエフスキーが45歳のとき(『罪と罰』執筆の時期に重なるとされる)に著した…

俺という愚かな生き物(阪神大賞典予想)

人っていうのは……っていうと主語が大きすぎるか。少なくとも私にとって、この度の新型コロナウイルスの一連の騒ぎはそこまで大きな問題ではない。想像力が足りないといわれても仕方ないが、トイレットペーパーもティッシュペーパーも備蓄があるし、仕事も騒…

一競馬ファンによる新型コロナウイルスについての覚書

(少なくとも自分の知るかぎりでは)SF作品にも描かれてこなかったような“鈍い停滞”に世間が包まれている。 中央競馬は無観客開催を決めて2週間。次の開催もこの急場の処置が続くと発表された。つまり、馬券を楽しむ世の中の競馬ファンが1人残らず全員電子投…

ご当地グルメin賭場ーー「WINS高松」の「うどん」は旨いのか

見知らぬ土地を訪れ、専門紙を広げ、博打を打つ。旅打ちのあの心躍る感覚はギャンブルを愛する身であれば、誰もが共感できるものだろう。他に旅打ちの魅力はというと……「食事」だろうか。地場の名物を腹一杯味わう。そんな旅の根源的な喜びはギャンブラーで…

『賭ける魂』を読んだ

「もしも君が競馬を、騎手が楽しんでいるように楽しみたいのなら、そして騎手が苦しんでいるように苦しみたいのなら、騎手が感動しているように感動したいのなら、いまあなたの生活が不自由になる程度の金を賭けなさい、そう、そうやって賭ければ、あやたは…

『動くな、死ね、甦れ』を観た

二日酔いで仕事どころではなく、ひたすらネットサーフィンをしていて、見つけた。高田馬場「早稲田松竹」で『動くな、死ね、甦れ』の上映が始まる。 この映画はある時点の自分をシネフィルに導くきっかけとなった作品のひとつで…というと、カッコつけすぎな…

理由はわからないけどいい(東京新聞杯)

何万人もの人が同じことを言ってるんでしょうし、「何を今さら!」なんですけど、ほんとルンバ買ってよかった。家出とる間にあらかた掃除終わっとる。この快適さよ。— なかた (@naxkaxta) 2020年1月19日 こんなことを書いたものの、いま最も感謝・感激・感動…

WINS新宿前の早替婆さんを知っているか

新宿駅東南口を出てWINS新宿に向かう道中、青梅街道の高架下を潜った道角には、いつもせっせと働く「早替婆さん」がいた。細身で神経質そうな雰囲気。細いフチの眼鏡をかけてラジオの競馬中継を流す姿はWINS新宿と一体化しているかのような存在だった。 的中…

2月になってする初夢の話(根岸S予想)

どこかで喋ることもなく、どこかで書くこともなく、このままいくと例年のように、どんな夢を見たのか忘れてしまう。別に忘れたってなんら支障がないが、ふと思い出してしまったわけで、2月にもなっていまさら初夢の話をする。来年のことを言えば鬼が笑う……で…

三日間開催を終えて

遊ぶ金と時間がないからということもあるが、今年の博打はノロノロ運転。メインレースを中心にお気に入り馬をつまみ買いする程度でカジュアルに楽しんでいる。2020年初の三日間開催もそんな具合だった。買い物の合間に淀短距離Sのロジクライを塗り、家で餃子…

『スター・ウォーズ』カノン完結に際しての簡潔な感想をメモしておく

年の瀬に『スカイウォーカーの夜明け』を観てガックリ。 とはいえ、PS4のゲーム『ジェダイ フォールンオーダー 』をプレイしつつ、高橋ヨシキ氏の『スター・ウォーズ 禁断の真実』を読み、過去作を見返し……と、なんだかんだスター・ウォーズにどっぷりだった…

金杯はいつも当たらない(2020中山金杯予想)

理解できないからこそ知りたい欲求が湧く。 年末年始に手に取った『不確定性原理ー運命への挑戦』も、まさしくそんな興味から読み進め始めた本だった。 要旨は「卑近な例を挙げながら量子論を“やさしく”解説する」というもの。しかし、いかんせん文系一直線…

新年のご挨拶:ブログを再起動しました

住居を移し、会社員になり、気づけば100日以上も更新していなかった『放談リハビリテーション』なわけですが、2020年から記事タイトルの通り再起動させようと思いまして。新年にかこつけまして。そういうわけでして。 スター・ウォーズもターミネーターもマ…

最高の中華料理屋があってさ(関屋記念予想)

客にとっての見やすさよりも店員にとってのそれが優先されたテレビの配置。 注文を聞きに回る本国生まれと思しき女性は健気を絵にしたような人当たりの良さ。 黒々した乳首を薄っぺらいTシャツから透かし見せながら中華鍋を振る料理人の皆。 22時過ぎ。マス…

月末作者コメント:2019年7月

ブログを更新する。しかし、翌日には何を書いたかもう忘れている……。そんな繰り返しに、終止符を打ちたいのねん! そう考えた私が自分自身の読み返しを兼ねて、子供の頃に好きだった『浦安鉄筋家族』の巻末作者コメントの真似事をしてみようと思った次第です…

タトゥーを彫りながら書きました(中京記念予想)

タトゥーを彫ってもらいながらこのエントリを更新しています。 いまちょうど2/3くらいが終わったところ(と彫り師に言われたところ)。BGMにはバーナボーイのAnybodyが(これまでに2,3回繰り返したその曲が)流れています。 あとはタトゥーマシーンの「ジーーー…

近況を報告しつつ(函館記念予想)

先週は別のところで書いている原稿の締め切りが重なって拙ブログを更新する余裕がありませんでした。もともと筆は早いタイプ。しかも好き勝手に書けばいいだけ。そんなブログすら更新する余裕がなかった。色々とお察しいただければと思います。毎週の更新を…

月末作者コメント:2019年6月

ブログを更新する。しかし、翌日には何を書いたかもう忘れている……。そんな繰り返しに、終止符を打ちたいのねん! そう考えた私が自分自身の読み返しを兼ねて、子供の頃に好きだった『浦安鉄筋家族』の巻末作者コメントの真似事をしてみようと思った次第です…

不条理と向き合うーーアルベール・カミュの心持ちで(ラジオNIKKEI賞予想)

午後からWINS汐留に出向き、友人と馬券を打つ。取り取られを繰り返し、プラスマイナスほぼ0の戦況で迎えた最終レース。その日の勝負レース候補の一つであった函館12Rで攻勢をかけた。本命はローリングタワー。 スタートの瞬間の画像がこれだ。ゲートが開いた…

【PR】上手いシロウトと下手なプロ…来るべき競馬予想をぼんやり考える【じゃない】

唐突な書き出しですが、ここ最近「賭け事」をする人間の心性についていろいろと考えておりまして…… その流れであまねく(とまでいうと大げさではありますが)資料の読み漁りに努めているのですが、そうするうちに、競馬予想の「歴史」が顧みられる機会が全くと…

偉大な兄弟の話(ノットオーウェル)

マイペース、協調性ナシ、頑固で人と同じことをするのが嫌い、競争心がない、一人の時間を好む、面倒を見るのに慣れてない、独占欲が強い、集団で浮く、団体・集団行動が嫌いで縛られたくない……挙げればキリがないほど、「一人っ子」のパブリックイメージは…

適材適所を超越する(ユニコーンS予想)

そして去年から弊社の大谷翔平は茶道をやってます— ビッグロシア (@secretfunnyboy3) 2019年6月5日 うまいことを言う人がいるもんだ… と思った一方で別の考えが浮かんだ。たしかに羽生善治に野球は難しいかもしれないが、大谷翔平は茶道すらもこなしてみせる…

続けることの話(エプソムC予想)

石の上にも三年。継続は力なり。雨垂れ石を穿つ。愚公山を移す。臥薪嘗胆。不断節季。万里一空。積土成山。積水成淵。粒々辛苦。 何かを続けて何かを成すことは、どうも人の心を打つ普遍的な魅力があるようで、現在に至るまで多くの故事成語・ことわざとして…

ああ、またこれか(安田記念予想)

忘れられないんだよ。しょうもない話だけど俺にとっては忘れられないんだよ。中学一年のたしか冬、広島から北九州まで青春18きっぷで友達三人と鈍行で旅行してさ。スペースワールドの中にあったホテルにチェックインして、ひとしきり遊んで、夜はるるぶで一…

月末作者コメント:2019年5月

ブログを更新する。しかし、翌日には何を書いたかもう忘れている……。そんな繰り返しに、終止符を打ちたいのねん! そう考えた私が自分自身の読み返しを兼ねて、子供の頃に好きだった『浦安鉄筋家族』の巻末作者コメントの真似事をしてみようと思った次第です…

【番外編】ダービーデー / 東京競馬場に捨て去られたハズレ馬券を観察する【スピンオフ】

文春オンライン様にてこちらの記事が公開されました。「ダービーデー」当日東京競馬場に捨て去られた「ハズレ馬券」を観察してみると……という内容であります。手前味噌ですが、ニヤッとクスッとしながら読んでいただけるのではないかな、と。ご高覧よろしく…

運・運命(日本ダービー予想)

古代ギリシア人は<人生に影響を与えつつも人知を超えた、計り知れない働き>というものに強い感受性を持ち、また、それを多彩な仕方で表現してきた。 現在まで伝え継がれてきたギリシア神話『イリアス』の中にもその一端が見てとれる。 全世界は三つに分割…

競馬における「オイ!オイ!」問題について

【競馬場ビギナーの方へ】特に、学生などの若い方に注意です。ファンファーレで「オイオイ!」と叫ぶのはやめましょう。繊細な馬が驚いてハイになり、実力を発揮できなくなります。自分の叫びで、本命馬が負ける可能性だってあります。声が出るのは仕方ない…