偉大な兄弟の話(ノットオーウェル)

マイペース、協調性ナシ、頑固で人と同じことをするのが嫌い、競争心がない、一人の時間を好む、面倒を見るのに慣れてない、独占欲が強い、集団で浮く、団体・集団行動が嫌いで縛られたくない……
挙げればキリがないほど、「一人っ子」のパブリックイメージはネガティブなものが多い。

 

と、書く私も一人っ子だ。
しかし、なにも好き好んで一人っ子に生まれてきたわけではない。兄弟姉妹のいる友人が子供の頃から羨ましかった。できることなら末っ子がよかった。兄姉がいたら、文化的にも体力的にも大きく刺激を受けることができたように思う。
現に、スポーツ選手には一人っ子や長男長女が少ないといわれる。たとえば2013年のサッカー日本代表メンバー23名のうち長男だったのはわずか2人。一人っ子にいたっては1人もいない。それほどまでに一人っ子のハンディキャップは大きい。
……と、つらつら書いたものの、そんなこと「隣の芝は青い」というだけの話なような気もする。
それに、自分の周りの兄弟姉妹を持つ人は、同じ両親から生まれ、同じ家庭で育ったにもかかわらず「どうして片方がこうなった……」みたいな落ちこぼれタイプの人が多く、本人もそれを引け目に感じている、というケースも少なくない。
一方の兄弟が余りにも偉大すぎた場合、「じゃない方」の兄弟として、胸を張って生きていくことができるのかどうか……と考えると、「やっぱり俺は一人っ子でよかったわ」という思いも立ち上がってくる。

 

今週開催される宝塚記念で本命の印を落とした馬は、いったいどのような心持ちで、毎度レースを走っているのだろう。馬はそもそも自分の兄弟、血筋について感じることがあるのか、ましてや兄弟姉妹のレースでの活躍ぶりは直感するものなのか、全く想像が及ばない。
ただ、本命馬の兄弟はあまりにも偉大だ。欺瞞を承知で書けば、あれほどまで偉大な兄弟を持っていれば、なにかしらを感じてしまう部分もあるのではないかと思ってしまう。
菊花賞ジャパンカップ天皇賞有馬記念大阪杯を勝ち、生涯獲得賞金はJRA歴代1位……そんなキタサンブラック、の兄・ショウナンバッハに本命の印を打った。
偉大な兄弟の存在で陰に隠れ続けてきた馬生(とまで書くと生涯複勝回収率100%超の頑張り屋さんに対して失礼だが)だったショウナンバッハが、その偉大な兄弟すら勝ち取ることができなかった宝塚記念の栄冠をつかむ。そんな姿が私は見たい。なんならキタサンブラックよりひとつでも上の着順で入線する姿が私は見たい。
一人っ子ではあるものの、常に「じゃない方」として扱われてきただけに、ショウナンバッハの肩を持ちたい。

適材適所を超越する(ユニコーンS予想)

うまいことを言う人がいるもんだ…

と思った一方で別の考えが浮かんだ。たしかに羽生善治に野球は難しいかもしれないが、大谷翔平は茶道すらもこなしてみせるんじゃなかろうか。それも完璧な形で。


銭湯の脱衣所に置かれたテレビで野球を見ていたら、普段は亀のように動かず、無気力な番頭のおばあちゃんが「あれだろ大谷翔平はすごいだろ。」と声をかけてきた。初めて声を聞いた。

野球に興味のない友人知人も、なぜか大谷翔平に関しては、まるで自分の親戚かのように応援している。

夕刊フジも、日刊ゲンダイも、大谷翔平の話題に関しては、茶化すことなくわが子を誇らしく見守る父のような視点の記事を連発。

本当に大谷翔平ワンダーボーイ。野球において、投手と野手、必要な体力・精神力・技術は異なる。にも関わらず、適材適所を超越した恵まれた能力で世界をアッと驚かせ続けている(どころか最近の大谷はあまりの凄みゆえに世界を沈黙させているといった方が適当かもしれない)のだ。


さて、野球に野手と投手があるならば、競馬には芝馬とダート馬という区分があると言えるだろう。野球がそうであるように、芝とダートでは走るうえで求められる能力は異なる。それだけに、馬券において"芝で良績を残してきたダート転向の人気馬"を購入することは悪手と言えよう。

しかし、今回本命の印を落とすことに決めた馬は、その悪手、芝からダートへの転向馬。ワイドファラオだ。

ワイドファラオが大谷翔平のように適材適所を超越する能力を持っているかどうかはわからないが、大谷翔平が現在進行形で残している偉業に比べれば、競馬における二刀流は前例もあるし、てんで不可能な話というわけではないだろう。


適材適所が求められすぎるあまり、分業化が細かく細かく細かく細かく進んだ社会は果たして幸福な社会なのか、一人ひとりの労働は単純な作業に帰してしまうのではないか。近未来に起こり得るディストピアを杞憂する。

適材適所を超越するほどの絶対的な能力を私は持っていないから、そんな近未来が訪れた時には即座に一作業員という立場に堕してしまうだろう。

だからこそ、適材適所を超越する能力を有した存在に憧れ、夢を見、馬券を買う。頑張れ大谷翔平ユニコーンSの本命はワイドファラオ。

続けることの話(エプソムC予想)

石の上にも三年。継続は力なり。雨垂れ石を穿つ。愚公山を移す。臥薪嘗胆。不断節季。万里一空。積土成山。積水成淵。粒々辛苦。

何かを続けて何かを成すことは、どうも人の心を打つ普遍的な魅力があるようで、現在に至るまで多くの故事成語・ことわざとして、語り継がれてきた。


たしかに何かを続けて何かを成すということは、それはそれは美しいことだと感じる。的場文男東京ダービーを勝てばいたく感動するだろうし、艱難の果てに2,000本安打を達成した新井貴浩の姿には涙がこぼれる一歩手前までいった。身の回りに熱心に仕事を続けて昇進を重ねる憧れの先輩がいる、という人も少なくないだろう。

しかし、それは何かを成しているからこそ生まれる魅力であって、何かを続けることそのものに価値はあるのだろうか。

続けるという選択には弊害もある。例えば昨今の高齢者による危険運転問題もそうだ。

(これまでも起こっていた事故が顕在化しているだけでは…という考えを持ちつつも)彼ら彼女らは運転をし続けてしまったがために、悲惨な事故を起こしてしまった。決まりきってこぼす言い訳は「アクセルとブレーキを踏み間違えて」だ。これ以上書き連ねることも嫌になるほど悲惨な事故を起こしておきながら。そんな言い訳を吐く。


というわけで早々に競馬の話に移る。

エプソムカップで本命の印を落とした馬はプロディガルサン。これまで幾度もこの馬に本命を打ち続けては、裏切られ、馬名の由来(「放蕩息子」)をひしひしと味わわされてきている。

正直に書くとここでも買い続けるべきなのか、それともここでその継続に終止符を打つべきなのか考えた。しかし、まだ買い続ける。本命はプロディガルサン。

アクセルとブレーキを踏み間違えてしまう。そんな事態に陥らない結果を願いながらレースを見守る。


プロディガルサンに本命を打ってきた足跡はこちらからご覧いただけます……

bxkxn.hatenablog.com

bxkxn.hatenablog.com

bxkxn.hatenablog.com

bxkxn.hatenablog.com

 

 

ああ、またこれか(安田記念予想)

f:id:BxKxN:20190601081552j:image

忘れられないんだよ。しょうもない話だけど俺にとっては忘れられないんだよ。中学一年のたしか冬、広島から北九州まで青春18きっぷで友達三人と鈍行で旅行してさ。スペースワールドの中にあったホテルにチェックインして、ひとしきり遊んで、夜はるるぶで一番デカく紹介されてた豚骨ラーメン屋に行ってさ。あ、スペースワールドってのは、ザ・地方都市って感じの土地の安さ故の豪華さが売りだったテーマパークで。名前の通り宇宙をテーマにした施設でさ。降下角度がキツいジェットコースター「タイタン」とワンループのジェットコースター「ヴィーナス」が売りでさ、まあ俺は宇宙船探訪型お化け屋敷「エイリアンパニック」ってのが好きだったんだけど。今思えば俺はそんな歳の頃からSFが好きだったのか、まさしく三つ子の魂百までってとこか。ってまあ、それより何よりラーメン屋からホテルの帰り道にさ、線路沿いを友達と叫びながら走ったりなんかしちゃって。途中ポン中としか思えないおじさんに怒られたりなんかしちゃって。今でもその時の光景は瞼の裏に焼き付いててさ。「ちょいこれ青春じゃーん」なんて言っておどけてたけど、あれはたしかに青春としか形容できない何かだったね、うん。


忘れられないんだよ。しょうもない話だけど俺にとっては忘れられないんだよ。そんな、スタンドバイミー風味の旅行から10年ちょっとが経った頃の話でさ。当時あれだけ仲が良かった連中とも交流がほとんど無くなってて。まあ学生時代、特に1年の頃に知り合った連中と疎遠になるなんて、よくある話じゃないっすか。それぞれがしみったれた大人になってさ。そんな頃だったんだよね。スペースワールドが閉園するって噂が流れ始めたのが。俺はわざわざ当時の連れ合いに連絡をとったよ。結局、集まることはかなわなかったんだけど。それぞれがまあ仕事に忙しくなるような頃でもあったし、まだ閉園が確定するってわけでもなかったし。まあ、しょうがないよな…… なんて思ってたよ。そうしたら、その年の年末に閉園を知らせる公式ニュースが飛びこんできてさ。俺はわざわざ当時の連れ合いに連絡をとったよ。2回目の。そしたら、みんな思うところあったのかわかんないけど、前向きに検討してくれて。それで「6月頃に行こうか」ってな具合に話がまとまったんだけど、直前になって、結局取りやめになっちゃって。「ああ、またこれか」なんて、それからもうそいつらとは会うこともなくなっちゃってさ。いや、ほんとしょうもない話なんだけど。


忘れられないんだよ。しょうもない話だけど俺にとっては忘れられないんだよ。スペースワールド閉園の噂を聞きつけた頃に開催された安田記念ロゴタイプが穴を開けて勝って。スペースワールド再訪を控えた2017年目6月の安田記念ロゴタイプがまた下馬評を覆して。社会に出てからあの頃の連れ合いと連絡をとるときはいつも馬券で負けてる時でさ。モーリスとダノンシャークに突っ込んで負けて、エアスピネルヤングマンパワーに突っ込んで負けて。それであいつらもつれない感じでさ。梅雨入りしかけとも重なってなんかネガになっちゃって。信じてたものが裏切られるというか、別にそんな大げさに受け止めてるってわけじゃないんだけど。「ああ、またこれか」ってのがプライベートでも競馬でも悪い意味で続く。それが俺にとっての安田記念のイメージでさ。


今年もそんな安田記念が開催されるってわけだけど、スペースワールドに一緒に行った友達のうち1人から久々に連絡が届いて。結婚するとか言っててさ。結婚式に来てほしいなんて言ってんの。なんか、これまでの安田記念の時期の悪い流れが断ち切れそうな気がしてきて。喜ばしくない記憶を都合よく忘れるためにも、なんならご祝儀を稼ぐためにも本命馬の快走を祈るね、俺は。

「ああ、またこれか」が悪い方向に転がってばかりだったけど、今年は「またこれか」を良い方向に転がしてみせる。ってなわけで安田記念。リピーター。本命モズアスコット。

月末作者コメント:2019年5月

ブログを更新する。しかし、翌日には何を書いたかもう忘れている……。そんな繰り返しに、終止符を打ちたいのねん! そう考えた私が自分自身の読み返しを兼ねて、子供の頃に好きだった『浦安鉄筋家族』の巻末作者コメントの真似事をしてみようと思った次第です。あれ、好きだったんすよね。という試みを先月から始めておりました。今月も引き続き振り返ってみることにするのねん!

 

文中に何回「マーチンゲール」って書いてるんだ…悪文

 

 オチの段は割りと気に入っている。“ことによると(ドストエフスキーの小説でやたらと目にする接続詞)、100円が50万円に化けるような買い目も存在する(ドストエフスキーが博打狂いだったことまで含めたオマージュです念のため)馬券である。”から始まる段。

 

やたらと悪者にされることの多いカープファンゆえの忸怩たる思い…カープが連敗している時には「カープファンが問題を起こしてる」的なツイートをほとんど目にせず、連勝している時はそういうツイートを目にすることが増える謎。

 

著名人の訃報が本当に続いてますね。

 

今月わりと読んでもらったエントリ。口語で書くと力の抜けた文章になる。当たり前か。

 

こ…これは力に入った文章……なんというか“運とはいったい”みたいなことは今後考え続けたいテーマのひとつであります。

 

多くの人にとってどうでもいいかもしれないけれど、自分にとってはかなり衝撃的だったオチの展開。感謝感激雨あられってな気持ちでした。

 

なんて書くのが楽なんだ…… 今月はブログ自体をなかなか更新しないでいましたが、このテーマ来月もまたやってみたいところ、そんな感じなのねん!今月もよろしくお願いしますなのねん!