2017年ベストあれこれ

正月三が日を終えて世間様も通常営業に戻りつつあるこのタイミングで2017年を振り返り。

といいますのも、まだ30代にもかかわらず余命宣告を受けた友人や身内の訃報…なんとも生死に関わるいろいろが周りで頻発しておりまして。
新年早々の問わず語りまことに恐縮なのですが、いま生きていて何を感じているのかを残すことに関心が高まってきているのかもしれません。
というわけでして、自分にとって身近な本、音楽、その他もろもろ……みたいな順に列挙できれば。
このブログにたどり着いた皆さんとともに「あれいいよね!」と共感したり、「知らなかったけどいいじゃん!」と新たな出会いを楽しんだり、そんないろんな「いい」を振り返ることで2018年を楽しくスタート、ってなわけで。
自分が死んだ後に身内がこれを読んでいたら、あいつはこんなのを見聞きして楽しんでいたんだな、と思い出話の肴にでもしてください。

 

【本】

f:id:BxKxN:20180104172105j:image
仕事だからということを除いても、10年弱継続して毎年200冊程度の本を読むのはほとんどビョーキに近い。去年も読んだし、きっと今年も読むんだろう。本を読むのは快楽に溺れたいからという理由が大きくて、ほとんど性欲に近い。読めないイライラはヌケないムラムラに近い。


『ゴーストタウン』ロバート・クーヴァー
いわゆるポストモダン・ウエスタン。西部劇の定型をメタ的にパロディ化していて読みながら何度ニヤついたか…… 今年映画化されるキング『ダークタワー』の第1巻『ガンスリンガー』がネタとして特に捏ねくり回されていた。日本でも100人くらいの人間が冒頭10数ページを読み比べだと思う。ランズデールやアンナ・カヴァン、もちろんピンチョンにも通じる文学=フィクションの愉悦に満ち満ちた傑作。


黒人文学全集11 ニグロ・エッセイ集』
悠久堂書店でバラ1冊100円で投げ売りされていたところを他の巻とともにあるだけまとめ買い。初版は1963年だけど今年読んだので挙げる。抑圧を文化の力で乗り越えようともがいて生まれたもの(もしくは抑圧を文化の力で耐えてきた人間の語る言葉)はすべての報われない人間(つまり全人類)へのアンセム。まず街で見かけることはないでしょうが、見かけたら是非。イソップ寓話のような気づきにあふれた一冊、間違いない。昭和3,40年代は文学全集の流行りもあってか「こんなものまで?!」が書籍化されていて楽しいですね。


『RED ヒトラーのデザイン』松田行正
アメリカではトランプ政権が誕生して東アジア情勢もバチバチ。ポピュラリティーについて考えさせられたのが2017年だったといっても過言はない。となると過去の(負の)遺産から学びなおしたくなるもので。ヒトラーがデザインを通じていかにプロパガンダ推し進めていたか。類書『絶対の宣伝』が長らく絶版になっていて40,000円くらいの市場価格でなかなか手を出せなかった中で日本一聡明かつ編集者に優しいデザイナー松田行正さんが筆をとった力作(と思ったら上に挙げた『絶対の宣伝』も復刊していたもよう……)。ナチの凄みとそれ故の恐ろしさ。いま読む価値ある一冊。


『アンチクリストの誕生』レオ・ペルッツ
あえて大袈裟に書くと幻想小説と落語との邂逅。文章に秘められた意図もそれはそれはテクニカルなんですけど、もう単純に構造・物語が面白い。緻密さの上に成り立つ奔放さこそ芸術の真髄であることを“百年前の小説に”改めて気づかされました。それとそのはず、編集は藤原編集室。これはもう競馬で言うところのノーザン生産、浦和の小久保、春天武豊…… とりあえず買っておいて損はないというわけです。ボルヘスが太鼓判を押すのも納得、出色。


横浜駅SF』
なんだか固そうな本がずらっと並んだような気がするので最後はライトノベル枠(見つからず画像なし)。あらすじはというと「絶え間ない改築の続く横浜駅がついに自己増殖の能力を獲得し、膨張を開始して数百年後の日本」という。こんなの聞くと、それだけでワクワクするのがSF者の性。渋谷とかほんとそんな感じですもんね、一昔前の大阪駅とか。そんな風に実感に基づいた荒唐無稽な設定がどう収斂していくのか……ってもう勢いですよ! Twitterのつぶやきから始まった物語、だからこそ生まれ得た作品。実に平成の終わりに相応しい。

 

【音楽】
ジャズ・民族音楽を聴く時間が減った一年。これは間違いなく音楽環境をレコード→ストリーミングに移行させたから。Apple music、Sporifi、騰訊の音楽IPOの隆盛を眺めていると、同じような人は少なくなさそうだし、時代の流れなんですかね。今年はもっと雑多に聴きたい。


Painting Pictures / Kodak Black

 

ド級の不良が持ち合わせる繊細な感情に弱いんですよね。2017年で一番回転させたアルバム。収録曲の『Side Ni***a』は、愛しのあの娘の隣にいるイケてる黒人男性への恨み妬みを(多分)ゆったりオンビートできっちり乗せてしんみりグッとくる。アルバム通して青年期しか持ち合わせることのできない葛藤…それをメロウにまとめられたら遠く離れた黄色人種のおじさんもしっとりですよ。これで20歳!圧倒的タレント!!!


CAPTAIN GANJA AND SPACE PATROL / TRADITION

一時はebayで1,000ドル弱で取引されていた幻の名盤が復活。ダブ・レゲエファンにはもちろんのこと、思わせぶりなタイトルはGeorge Russel『Jazz in the space age』も連想させますし、あのあたりのフリージャズ、フュージョン好きな方も、ベースミュージックファンは誰もが味わえる。


No One Ever Really Dies / N.E.R.D

(U.Sのポップ枠的扱いでKehlaniと悩みつつこちらを……)どメジャーですが2017年で一番ゴキゲンなアルバムが年末に飛び込んできたので挙げてみる。そうそうみんなが好きなアメリカはトランプのそれじゃなくてこれっすよ。グループ名どおりナードな雰囲気が底を流れているものの、絶妙な味付けでアメリカンポップに仕上げてしまうのがファレルパワーか。聴きやすい、それでいて実にオリジナル。『Happy』でファレル好きになった人が聞けば、彼の新たな一面・底力に感銘を受けるはず。


Pizza / OOHYO


2017年に知って一番良かった女性シンガー(二番目に良かったのはものんくるのボーカルの女性)。シンプルに気持ちイイ。それにしてもKpopは雨後の筍のようにどかどかといい歌い手が出てきますね。産業構造の違いと言われれば、それまでなんですが負けるな日本!


MODERN TIMES / PUNPEE

この一枚を挙げる気恥ずかしさがないわけではないけど、そんなものすっ飛ばして、ずっとアルバム待ってましたし、2017年の音楽を振り返る上で外せない存在なのは疑いようなし。アルバムリリースだからこそ…が考え抜かれていて、一聴するだに「クラシックが生まれた!」と気づかされましたし、日本語のひぷほぷファンの方々はみんなして盛り上がりましたね。水曜日のダウンタウンでその才能を国民に知らしめ、音楽ファンからも支持を集め、その人気・期待度の高さが白日のもとにさらされた彼が次にどんな鮮やかなステップを踏み出すことやら。楽しみす。


とまあ、主に競馬に関する由無し事を綴ってきたブログなわけですが、たまにはこんな更新があってもいいじゃないですか、ええ。
(本当はグッときたレースや美味かった酒なども列挙しようと思ったんですが、長くなったのでこの辺りで……)

今年もどうぞよろしくお願いします。

キタサンブラックという馬がおってだな……

ああっと、どこまで話したかな。

あの馬が引退レースの有馬記念で他の馬に一度も先頭を譲ることなくゴール板を駆け抜けた頃の話だったか。
はるか昔のようだ。
そうだな…まだ競馬がこの国で規制される前の話。
カジノを完成させた我が国がその歳入の膨大さに目を輝かせ、経産省の……名前は忘れてしまったがつり目の女性議員が主導となって、他の公営競技も盛り上げようと、コンビニ、駅の売店、トイレ、かつて公衆電話と呼ばれていた箱状の建屋などなど、あらゆる場所が馬券購入所となるよりもずっと前の話の……といったらわかりやすいかい?
あの頃は、とにかく、いい時代だった。
今とは違って、馬に跨るのは人間だったし、それゆえの駆け引きも多分にあった。今じゃ考えられないかもしれないが、レースが開催される週末ともなれば、場外馬券売り場や競馬場は大勢の人でごった返したもんだ。競馬場に家族連れで来てたんだぞ。信じられないだろう。
そうだよ、極端な規制緩和が多くの破産者を招く前の話だ。あの頃からギャンブル依存症患者の破産がないわけではなかったんだがな。少し前の時代のように、ギャンブルで得た歳入がギャンブル依存患者の破産費用に充てられるという無意味なキャッシュフローを多くの経済評論AIに問題視される前の話、そう昔の話だよ。
ああ、脇道に逸れてしまったな。
そう、かつてキタサンブラックという馬がおってだな……

 

(なんて、ディストピアSFみたいな話をつらつら書いていたんですけど、あまりにも長くなってしまったので9/10を削除)

 

こんな軽薄な作り話から書き始めたのは、とにかく極端にキタサンブラックのことを過去形として語りたかったわけですよ。
パースペクティブこそ違えど、2017年12月25日、有馬記念の翌日、つまり(このエントリを書いている)今日から、あの馬の走りについて語るときに過去形を使わざるをえなくなってしまったことを痛感したわけで。
馬券としては嫌い続けてきた(そのぶん随分ヤラレてしまった)わけだけど
「キタサンとかほんとに強いの?」
「この臨戦で来れる?」
「いやいや人気なさすぎでしょ!もっと吸ってくれよ!」
「それにしてもとんでもない馬体ですよね!」
などなど……
キタサンブラックについて、ああだこうだと現在進行形、もしくは未来形で語っていた日々がすでに懐かしくなっているわけですね、不思議なもので。
特に好きでも嫌いでもなかった(いや、正確に書くと、どちらかというと嫌いだった、馬券を割られ続けたから)けど、なんというか、奇妙な喪失感を感じてしまっている自分がいるわけです。もう過去の馬な訳ですよね。少なくとも競走上は。
うーん、なんというか、そういうわけです。
やまなしオチなし意味なし。

 

まずい!このままだと酒が悪者にされそうだ!(マイルCS予想)

f:id:BxKxN:20171119091134j:image


酒は人間とともに古い。
人間があったところには、どこにも酒があった。
古代エジプトの壁画には女性が嘔吐するさまが描かれている。
天の岩戸の前でウズメノミコトが舞っている絵には必ずお神酒の徳利が並んでいる。
ローマ神話にもバッカスという名のワインに関する神様がいる。
酒は人間とともに古い。
猿さえ酒を造るというから、そいつが進化した人間が醸造の術に長けていても不思議でない。
人間は、さまざまな材料で酒を造る。
米、麦、粟、葡萄、林檎、サトウキビ…… 何でもかんでも手当たり次第、酒にして飲んでしまう。
モンゴル人は馬の乳を、メキシコ人にいたっては植物の樹液から酒を造って愛飲した。
人間の歴史を語るうえで酒は切っても切り離せない神に与えられた産物なのだ。


とまあ書いてみたけど、酒は怖い。
そりゃあ怖い。
酒を覚えた頃はそのせいで喧嘩もしたし、路上で寝て追い剥ぎにもあった。二日酔いの日は勉強も手につかなかったし、望まざる相手との一晩が招いたトラブルも経験した。
まあ、そんな自分自身のトラブルなんて誰もが経験している些細なこと。
酒によるトラブルといえば、いま日馬富士をおいて他にいない。ありゃもう大変だね。
食い違う証言の謎がどうも人間関係のしがらみによるもので、そのせいでブラックボックス化、解けることのない知恵の輪のようになっていて、それがいろんな人の邪推を呼ぶような状況。
つまり、ワイドショーには持ってこいの状況。
こりゃ、必要以上に騒がれますわ。
普段はリベラルぶっている文化人が「国技である相撲が……」と語り始めたり、相撲ファンのコメンテーターが「日馬富士は紳士的な人物として知られている」だなんて物知り顔で言っていたけど、そんな問題じゃない。


一家言持ったコンシューマーぶって書き連ねてみると……
酒に酔った男が後輩を怪我させた。この一点が問題(もしも被害者が立件を望んでいるのにそれが協会内でもみ消される事態になろうもんなら協会の問題が発生してくるけど、今のところそうした気配はないから)。
つまり、すべての問題は酒によるものというわけだ。


節度のない飲酒家をたちまち酔漢に変えてしまう。
これは酒の大きな短所だといえる。飲むからには酔わずにはいられないというわけだろうが、そんな飲酒家は心底お気の毒だ。
「立派な人がたちまち狂人みたいにみっともなくなり、元気な男が目の前で重症患者に変わり、後先も忘れてぶっ倒れてしまったりする。翌日になっても二日酔いで頭ががんがん痛み、飯も食えないざまだ……何で酒が百薬の長なのものか、これではあべこべに百病の元ではないか!」
こう書き残したのは兼好法師だったか。
悟りのワインも、一つ間違えれば災いの酒に転じる。
酒が人付き合いの潤滑油になるのはアルコールの作用で注意のコントロールがゆるむからだが、実はそれが問題なのだ。
注意力が低下すると、自分の行動や発言が野放しになり、マナーだとか、他者の意見や感情をかえりみなくなり、いつもなら考えられないようなことを言ったりやったりしてしまう。
いわゆる社会的な脱抑制状態に陥るのだ。酒を飲むと気が大きくなるが、度を超すと尊大になり、自信過剰が鼻につくようになる。
手元の酒に関する本をパラパラとめくりながら書いてみたが、どれもが全て日馬富士の一件に通じてしまう。


とはいえ、酒好きの身として、酒で失敗した人間を弱い者いじめしたいわけではない。
たしかに酒は怖い。
ただし、酒はそれ以上に益をもたらしてくれるものなのだ。
そうでないと断言する人がいるとすれば、なぜ6000年も前から現在に至るまで酒が人間との歴史を積み重ねてこれているのか教えてほしい。
酒は人付き合いにとって有益であるし、適度の飲酒によって自分自身も他人も魅力的に思える、特に男は相手との距離を縮めることができる。これらはすべて科学的な論文で証明もされている。
狭苦しい環境に息を詰まらせる現代人にはとてもありがたいものだろう。
実際工業化が進んで都市部に人口が集中していくにつれ、酒の消費量も増えている。
酒を抜きにして都市生活は成り立つのだろうか?
心に歌を響かせ、唇を笑いで彩る酒がなかったら、いったい人間は生きていけるのだろうか。


責められるべきは酒を飲むことではなく、度を過ごすことだ
ジョン・セルデンが残した名言を(届くことのない)日馬富士に送りつつ、自分自身に自戒として刻み込もうと改めて思わされた一件。


さて、二日酔いの澱んだ頭で重賞を予想する。
2017年のマイルCSで本命に推す馬はヤングマンパワーに決めた。
昨年の同レース凡走は調教後から20キロも減っていてデキは誰の目にも残念で致し方なし。案の定レースも思い通りに運ばれず、ポジションを取れないままゴール板を過ぎてしまった。
今年は臨戦がいい。キャリアのほとんどをマイルに拘って使われた当馬が前走は1800、短縮の臨戦は鮮度が補完されて素直に好感。枠もナイス。ここなら出していけるでしょ。マークが集まるアポジーをガニオンが牽制しつつ漁夫の利でどうぞ!


ヤングマンパワー…若い男の力……二日酔いでも頑張れる力ってことだろうか。無理やり酒に引きつけようとしても上手くはオチない……南無

環境を変える(エリザベス女王杯予想)

f:id:BxKxN:20171112121829j:image

元から完成されていなくても、芸能界という環境やファンからの視線…その他諸々の影響でアイドルはどんどん垢抜けていく。
そんな彼女たちに整形疑惑を持ちかけるなんて以ての外ですよ。彼女は彼女たちなりに成長していってるんですよ。
枕営業でおなじみの事務所に所属するアイドルグループの友達がツイッターで整形疑惑を持ち上げられていて、うんざりした。
君たちが好きな馬だって、芝ではてんでいいところがなかったのにダートになると途端にいい走りをしたり、障害に転戦して段々と着順を上げていったりするじゃないですか。つまりそういうことですよ。
というわけで、忙しさにかまけてマンネリ気味なこのブログも環境を変えれば少しは小ざっぱりとしたいい内容になるかもしれない。そう、つまりそういうこと。


普段のエントリは自宅PCかWINSでスマホ入力。だいたいぼーっと最近あったことなんかを考えながら、書き始めて、その文章にある程度つながる馬を書いて予想(果たしてそれが競馬予想と呼べるのかはさておき)してるわけですよ。
その環境を変えてみようってわけ。
今から床屋行くんで、そこで起こったこと見聞きしたことだけをネタに書いてみようと思います。


入店。待ち客1人。
この店は聾唖のおっちゃんが働いてて、その人が実に腕利きだという。何度か来店しているものの、その人に担当してもらったことは未だない。
今日はどうだろうか、と5分ほど待つと体幹のしっかりしている、いかにも老舗旅館で手腕を振いそうなおばさまに当たった。
今日も聾唖のおっちゃんに当たることはなかったわけだ。
おばさまに9mmの丸刈りで、と伝えるとクスッと笑われながら「本当にいいんですか?」と言われる。
すでに丸坊主が伸びきった髪型の僕に対して一体何を笑うことがあったのだろうか。
と思いながらも腕は一流。さすが人気店というだけある。
1,580円払って退店。顎をさすってすっきりしたブツに満足する。


な…なにも起こらねえ……ヤマ無しオチ無し意味ナシのクラシックな意味でのやおいだ……
というわけで、環境を変えたからって、それが即ちいい影響に繋がるかというと、決してそうではないという教訓。まあ今回はそんな感じで。


って、エリザベス女王杯の予想を書くの忘れてました。
◎ジュールポレール
これしかない。
鮮度もあるしナメられたオッズ。母父エリシオですし兄にはサダムパテックですし距離不安もしてません。調教もよし。それで10番人気なら、ここから塗るに他なし。いかにもC質が強いタイプでアップの臨戦も苦にせずオッケー。


あ、繰り返して書きますが、環境を変えたからって、それが即ちいい影響に繋がるかというと、決してそうではないってわけですな。
ではではお後がよろしいようで(よろしくない)

寓話に学ぶ(天皇賞秋予想)

f:id:BxKxN:20171029141046j:image

見えざる力が働く瞬間の話。
なんといいますか、買った瞬間に「この馬券は的中する」と確信して、実際に的中するってことがごく稀にあるんです。人によっては馬柱を眺めた瞬間にそのような感覚を抱く人もいるそうで。
たまたまと言ってしまえば、それまでなんですけどね。
でも、見えざる力めいたものが働く瞬間ってあるんじゃないかと思ったりもするわけです。
長年ひとつのことに打ち込み続けると、常人では到底不可能な領域に突入する。そんな現象は、どんなことにでも起こり得ると思うんですよ。
饅頭職人が切り離した生地の目方は均一になるし、コックさんは計量カップを使わなくても絶妙な匙加減の味付けにするし、風俗の達人は女の子の写メ日記を見ただけでNN可能か判定できるし……
それらと同じように、購入する瞬間に「この馬券は的中する」と確信して、実際に的中するつまてことがあったってなんら不思議じゃないですよ。
もちろんその瞬間を自在に引き出せるようにならないと、馬券としては意味がないんですけどね。


って、また本筋に関係ない前置きが長いな。無意味に長い文章は悪文。
と、書いておきながら、上にも記した見えざる力について書き連ねると、自分の場合は著者先生から原稿をもらった瞬間、一読することなく、文章をぼんやりと形として捉えただけで、いい文章かどうかわかるという瞬間が結構な頻度であるんですよね。


今読み返してる本の文章もそんな感じで。
なんやいちいち読まなくても、あ、これはいい内容の文章だとわかるそれなのです。
というわけで、古典中の古典からネタを引用。ええ、手抜きです。でも、まあ読書の秋ってなわけですし。


蚯蚓(みみず)と蛇
蚯蚓が蛇の横たわっているのを見て、その長さが羨ましくなった。同じ長さになりたくて、並んで横になると、体を引き伸ばそうと頑張ったが、遂に無理をしすぎて、不覚にも破裂してしまった。
強い者と張り合うとこんなことになる。相手に追いつく前に破裂してしまうのだ。


とまあ、勘がいい方はお気づきでしょうが、まるで蛇がキタサンブラック蚯蚓が私(をはじめとしたキタサンブラックが苦手な皆さま)……のような寓話でして……
無理に張り合っても仕方がないことを2000年以上も前に書かれた文章から学ばされるわけでね、はい。
とはいえひねくれ者の自分が今週開催の天皇賞で最も重い印を落とすのはミッキーロケットなわけですが。
面子が揃っていることもあるにせよ、この人気は不当。京都大賞典でのジリジリとした伸び脚は高速馬場のあの舞台では向かなかったものの、今回のようなタフなレースには絶好。凡走してストレスを持ち込まなかったのも好感。そして何より待望の左回り。変わる要素は充分にある。


追伸
一応、先に紹介した寓話から学びを得て、キタサン頭の三連単まで抑えることにしておきますか…