記憶の話など(京都大賞典予想)

f:id:BxKxN:20171009130806j:image

悲しいことにいつの間にか新作映画への高揚感が(ある類の作品を除いては)ほとんどゼロといっても差し支えないほど、映画館から足が遠ざかってしまっていたのですが、さすがに映画本をつくる編集者として、そんな毎日では仕事してないようなもんじゃないか….と思い、雑務の合間を縫って、先日久々に行ってきました、映画館。
観たのは『動くな、死ね、甦れ』という映画で、いまや二児の母となった昔の交際相手と一緒に見て、いたく感銘を受けたという思い出がある作品。そりゃあ楽しみにしていたわけですよ。それが、こう、なんというか、思っていたのと違ったんですよね。
ところどころ見覚えのあるシーンはあるものの、その後の展開が自分の記憶と違ってたりして。
「あーそうそうこんなシーンあった、で、これから、こうなっていくんだよな、たしか」
と思っていたら、全く見覚えのない場面へ展開されていったりしてさ。
「あれこんな映画だったっけな?」
の思いが止まらずに、映画観ながら10回くらい首ひねりましたもん。後ろの人ごめん。
観終わったあとの感想も「こんな映画だったっけな?」しかないわけですよ。そんなの映画の感想じゃないよ。


一体どういうことだったのかと気になって調べると、まあよくある話で。
複数の似たタイプの映画を自分の中で分解して、継ぎ接ぎパッチワークをつくって、それを一本の作品として記憶していたんですよね。
白黒、子供が主演、不良、自分の家族がうまくいっていない……そうした要素から『大人は判ってくれない』だとか『ペーパームーン』だとかと記憶がごちゃ混ぜになっていて。
年をとるとはこういうことなのかもしれませんが、記憶の混濁は減らしたいもんです。


と、忙しさにかまけて日記のようなエントリが続いてるわけですが、「記憶のリソースは増えていくのだから、工夫して的確にインデックスしておいて、正しい記憶を引き出せる状態を保つことが大切」というのはいい気づきでした。
なんてビジネス書の格言めいた内容を身を以て体験したわけです。
って、よく考えたら競馬でもよく思い知らされてるわ。
ローカル重賞、人気薄、馬群割って1着……そんな要素でタツゴウゲキやら、ケイティープライドやら、ウインガニオンやら……印象が混ざっちゃって、それぞれの馬の印象がぼやけちゃうこどがよくあるんですよね。
馬柱に記されている馬名を見ながら、勘違いして別の馬のことをイメージしていたりとか。
そんなぼんやりとした記憶を手がかりにして、手慰みに買うレースは概ね外れる。
競馬は記憶のスポーツってやつ、あれは正しい。
そういう意味で私のこの不鮮明かつ濁った記憶というのは残念という他ないものでして……
もっと、明快なインデックスで、各馬についての記憶をハッキリさせなければ、と思うわけです。


その点、京都大賞典で本命を打つ馬のインデックスは割とはっきりしているんですよ。
・純正ハービンジャー(意:モズカッチャン系でもなくてペルシアンナイト系でもない)の最高傑作
・母父フジキセキハービンジャーらしさ倍増
・良血高額ゆえの高素質連チャン→グレード以降は藤原叩き→馬券確率アップ
・末脚確か。32秒台も経験済み。
というわけで、新潟記念の惨敗は想定内ですよね。
調教も動いてますし、アップ臨戦もそこまで苦にはしていないタイプ。京都の下りを利用しての末脚比べなら3着あってもおかしくないだろう……秋に向けて賞金も加算したいでしょうし……地道に自己条件で勝ちを重ねた経験、さながら同馬主のトーセンジョーダンみたいに輝かしいキャリアをここから積み重ねていきましょうよ。
あれ?たしかトーセンジョーダンもそんな戦績でしたよね?
この時点で記憶がごちゃついてるなんてオチは勘弁。


余談
最近ようやく(仕事の都合で仕方なく)『君の名は』を見たんですが、あれも記憶がテーマの映画でしたね。
思ってたより普通にSFでそれなりに楽しめた。でもなんか『転校生』みたいな構造だったから、、、数年後にはこれまた記憶を混濁させていそうな気がする。