馬券

空き巣の逮捕と呼び込み(神戸新聞杯予想)

年初に被害に遭っていた空き巣は犯人が捕まり、検事まで送られたらしく、なんとか終結しそう。あとは示談金が振り込まれるかどうかを残すのみで……そこが一番肝心なところですね…… 関連して東京地検まで取り調べを受けに行ったのですが、そこで聞いた話から今…

言い訳(京成杯AH予想)

自分の使っているテキストエディターは画面の左側に最近開いたファイルが表示される形式のもので、ここのところそこには[示談書_草案.txt]だとか、[示談書_草案+.txt]だとか、[示談書_確認用.txt]だとか、[公正証書化_確.txt]だとか、禍々しいファイル名がず…

待ちに待った果ての(新潟2歳S予想)

動画広告が世間を賑わせている。サントリーの頂だとか、宮城県観光PRの壇蜜だとか、あとはなんだ、牛乳石鹸とか?見ている一部の方々は、個人の不快感→結束→炎上というのがお決まりの流れで、毎度のごとくPCを振りかざした偽善者が反対勢力となり、血気盛ん…

偉大な父の死(札幌記念予想)

ブログに書こうか書くまいか。ずっともやもや悩んでいたことがありまして。もったいぶらずに書くと映画監督のジョージ・A・ロメロが亡くなったことについてなんですけどね。なんだかブログのひとつのネタのように、このトピックを扱うことに気が引けてしまう…

骨折(小倉記念予想)

酒に酔ってどこかにぶつけたのか左手中指の第二関節を痛めた。拳をつくることができないし、タイピングするにも都度痛みが走る。押してみるとはっきりと痛い。とはいえ日常生活に大きな支障があるわけではない。そんなわけで、突き指でもしたのだろうと決め…

ナイトプールなど(クイーンS予想)

花火、夏祭り、海水浴、その他もろもろ夏の行事にとんと縁がない。 子供の頃は「そういうイベントごとに敢えて行かないからね俺は」なんてふかしていたものの、歳を重ねるにつれ、このまま突っ張っているだけではいかんと思い、ようやく花火大会というイベン…

育ちの差(中京記念予想)

思わぬところに育ちは表れる。 まさか成人式のスーツの着こなしにこんなにも差が出るとは思ってもいなかった。いや、ただ単に俺の背が低いから似合ってないんじゃないか、とも察した。だが違うのだ。俺より身長が10cm低い奴でもビシッとキマってる奴はキマっ…

指原莉乃さん(函館記念予想)

HKT48の指原莉乃(24)が、番組ロケで初めてクラブを訪れたがその雰囲気に号泣してしまい、企画が中止になっていたことが明らかになった。「初めてのクラブで酔っぱらいもたくさんいて、話しかけられて、人見知りなんで怖かったんでしょうね。泣いて…

罵詈雑言(七夕賞予想)

書店の辞典棚を見回してみると日本語の多様性に気づかされることしきり。国語辞典だけでも数十種類あり、慣用表現や類語、その他の辞典まで含めると、一生かけて日本語の1割も習得できないような気すらしてくる。感情表現、舞台設定、官能小説用語表現、人物…

環境から飛び出して(スパーキングレディーカップ予想)

Amazonが六本木にポップアップストアを開店するというニュースを目にした。プライム会員の魅力を伝えることが主な目的で、商品販売は行わないとのことだが、日本でも実店舗を展開していきたいという魂胆は透けて見えているし、そのための布石を兼ねているの…

ある棋士について(宝塚記念予想)

豪放磊落(ごうほうらいらく)な人柄で多くの人を魅了した囲碁棋士・藤沢秀行さんと、将棋棋士の芹沢博文さんが、こんな話をしたことがあったという。我々は囲碁や将棋をどれほど分かっているのか。神様が百としたら、どの程度か 二人で紙に数字を書いて見せ…

居場所はどこにある(函館スプリントS予想)

「据え膳食わぬは男の恥」とはよくいうが、実際にそんな現場に遭遇すると、その後に起こりうるめんどくささが透けて見えることが多く、なかなか事には及びづらい。 共に終電を逃した末、Kさんと池袋の公園脇にあるホテルで朝まで過ごした時もそうだった。 K…

釣りから通じる道(エプソムC予想)

時折、無性に刺身が食べたくなる。 一番好きなのはカンパチ。次いでキンメダイ、そしてイワシ。日本酒とセットで出されたらもう犬が腹見せて寝転ぶかのごとく。それくらい好みなのだ。と、刺身を絶賛しておいてなんだが、季節の魚ってなんだって旨いですよね…

運動会の季節(安田記念予想)

ラジオを聴いていると運動会の話題。 運動音痴の息子が徒競走で2位になったことを芸人が誇らしげに話していた。「これがねえ、1年のトップバッターだったの。緊張するだろうなあと思って見てたら2位だったんだよ。すごくない?!」同じ番組に出演する芸人も…

「やっと」「ようやく」「ついに」「とうとう」(日本ダービー予想)

さて、オークスが終わったかと思えば、その翌週にあたる今週末には日本ダービーが開催される。ここ一週間の競馬ファンの体感は世間でいうところのクリスマスから大晦日あたりの忙しさみたいなもんだろう。イベントごとが連続で開催される忙しさだけでなく、…

誤用(オークス予想)

誤用(ごよう、英語:Misuse)とは、通常言葉について言われ、ある言葉の伝統的・慣用的な意味や用法とは異なる、間違った意味や用法でその言葉が使用されることを指す。言葉や単語の意味における誤用以外に、ある特定の目的や用途を持つ物品や道具などが、…

指輪をはめる(ヴィクトリアマイル予想)

競馬場でついていた日。ほとんど全レースをとるかの勢い。それでも段々、退屈になってくる。たとえ勝っていたとしても。レースとレースの間には30分の待ち時間があって、その間に生気が吸い取られていってしまう。競馬場では誰もが暗く落ちこんでいるように…

いい仕事がしたい(NHKマイルカップ予想)

多くの女性が嫌う言葉のひとつに「いや…」という言葉があるそうだ。これだけ書いてもなんのこっちゃわかりづらいな。噛み砕くと、“何を話しかけても否定から入る”ということらしく、そういう喋りをする男性は嫌われがちなので注意が必要。なんだそうだ。なに…

血統と金力(天皇賞 春)

「血統と金力。そういうもので政治をやると思っているわけでしょうが、それは甚だ間違っている」(要旨)こうして近代政治を批判したのは稀代の知識人、丸谷才一だった。他にも「かつては、寝ないことがフェミニズムであった。そして今は、寝ることがフェミニ…

勘違い(マイラーズC予想)

文章は1日書かないだけで勘を取り戻すために少なくとも1日はかかる。どこかの作家がなにかのインタビューで答えていた。 「そんな!トップアスリートじゃないんだから」と笑う方もあるかもしれないが、いやはや実際のところ本当にそうで。文筆が生業ではない…

言霊を説いた教師(皐月賞予想)

言葉には言霊が宿るんよ。自分の言葉は言霊になって戻ってくるけん、あんまりそういうこと言うちゃいけんよ。もっといい言霊を吐きんさい。小学2年生の頃、同級生をからかっていると、担任の花本先生にそう咎められた。体調が悪くて頭が痛いと言うと、両手を…

花の楽しみ方(桜花賞予想)

「うちが日本に帰る頃には散っとるじゃろうけん桜の写真送って」ヨーロッパで音楽修行中の幼なじみからこんな連絡が届いた。ドイツにも桜は咲いてるはずだけどな…と思って調べてみると、植樹こそされているものの咲く時期は4月下旬のようで、ちょうど彼女が…

道徳教育(大阪杯予想)

ある日、お母さんからお菓子代として200円のお小遣いをもらった中田くんは近所にある和菓子屋に行きました。すると、店の前で「お腹が空いたよ〜」と小さな声で涙ぐむ女の子がいました。ただし、食べたかったいちご大福の値段は110円。ふたつ買って、ひとつ…

チャックベリーの訃報(高松宮記念予想)

10代の頃によく聴いていた音楽ってのは年齢を重ねて聞いても耳に快く響く。きっとそうした経験は誰にでもあって、自分の場合は、ラジオから録音した気になるバンドの音源を聞いていた時に、おじさんから「お前ブルーハーツとかも好きなんじゃないんか」と紹…

ある日の風俗店の話(フラワーC予想)

「イラシャイマセー、ツギノオキャクサマー」おっとこれは聞いてない。珍しく競馬で大勝したその日、いつもなら猫背をさらに丸くした情けない姿で歩くオケラ街道を、今日は胸をはって、晴れやかな気持ちで歩いてきたというのに……50分12,000円、いつもより高…

赦して信じる(金鯱賞予想)

「先生、この女は姦淫の場でつかまえられました。モーセは律法の中で、こういう女を石で打ち殺せと命じましたが、あなたはどう思いますか」律法学者の彼らがそう言ったのは、イエスを試し、訴える口実を得るためだった。しかし、イエスは身をかがめて、指で…

司会者のミス(弥生賞予想)

第89回アカデミー賞が発表された。『アーティスト』が作品賞を受賞して以降、賞のセレクトが若干渋めに寄って、日本で公開されても売れない作品が多いなか、そのポップなルックから業界に携わる方々が動向を大変気にしていた目玉の作品が『ラ・ラ・ランド』…

新聞の見出しを考える(フェブラリーステークス予想)

自分の携わった本がなかなか売れない。出版不況が叫ばれて早数年。仕方ないことなのかもしれない。とはいえ、新たに企画をひねり出す必要はあるわけで。多くの編集者は企画づくりに日々苦心する。そんな時代にもかかわらず有象無象の出版社は毎年毎年信じら…

流石にふざけすぎ……(京都記念予想)

話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。「ガッキー可愛いな」「石田ゆり子さんもいいぞ」…などと、まったく世間と同じ反応で見たのだが、ドラマのあちこちに効果的に使われるアコーディオンのBGMやSE(効果音)を聞いて、ぼくは、「ん?」 と思った…

身の丈を考える(東京新聞杯予想)

一時期に比べると随分マシになったものの、いまだにエンゲル係数が高い。決して美食家というわけではなく、ただただ酒量が多いだけだが、これがなんとも由々しき問題で毎月末には、酒代・馬券代を捻出するためにそろばんを弾く事態になる。そんなことが多々…