読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞の見出しを考える(フェブラリーステークス予想)

f:id:BxKxN:20170219151138j:image

自分の携わった本がなかなか売れない。
出版不況が叫ばれて早数年。仕方ないことなのかもしれない。とはいえ、新たに企画をひねり出す必要はあるわけで。多くの編集者は企画づくりに日々苦心する。
そんな時代にもかかわらず有象無象の出版社は毎年毎年信じられないほどの数の本を出版しているんですよね。
その数なんと年間約80,000冊。
いやはやiPhoneひとつあれば、日常生活の悲喜こもごも、さまざまな情報を得られる時代において、そんなに大量の書籍をいったい誰が購入しているんだろう(いやまあ取次を含めた出版ビジネスの歪なスタイルについてはひとまずおいておくとして)。
自分の携わった書籍の売り上げを確認しながら、投げやりに、そんな風に思う。
とはいえ諦念してしまっては元も子もない。そのまま自然と指は売り上げランキングのページをクリック。
するとあれよあれよ。
「ダイエット」とか「健康」とか「成功してる人の○○」とか。あとはアイドルの写真集とか。いやまあそうした大きなテーマが出てくるわけですよ。
ただ自分の動かせる規模では大きなテーマではなかなか売れるものがつくれない。広告とかそうした書籍内容以外が重要だったりしますしね。
ということでもうすこし。枝葉末節まで目を張り巡らせていくと、実現可能そうなテーマが出てくる。「レシピ」「登山」「映画」……こうしたテーマに変わってくる。
例えば「レシピ」でいうと『忙しい女子のためのつくおきレシピ』なる本はバカ売れした。
これくらいの規模感のテーマなら自分でも手に負えなくはない。とかく、昔からある程度の需要が見込めて、そのうえで、時代時代によって換骨奪胎されたテーマ、というのが売れる本の第一条件といえるかもしれない。


このままつらつらと書き連ねていくと、そうしたテーマのひとつに「新聞」もあるなー、と気づいたという話。
『思考の整理学』が大ベストセラーとなった外山滋比古さんの『新聞大学』や、池上彰の『新聞の活用術』など。そうした定番的な切り口の一冊もうえに挙げた条件に当て嵌まる。出版予定中の『芸人式 新聞の読み方』なる一冊もそうだ。この最後者の企画は特に面白そうだったので簡単に紹介文をコピペ。
------------------
・朝刊紙社説は、「大御所の師匠」からの言葉として読む。
・スポーツ紙と芸能事務所の深い関係から見える「SMAP解散の真実」。
・森喜郎氏の記事を読むことは日本の政治家を考えることだ。
・「日刊ゲンダイ」の終わらない学生運動魂。
・「東京スポーツ」から「週刊文春」へ。最強のスクープバケツリレー。
結局、新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
------------------
どうですか?面白そうじゃないですか?
これなら俺たちのスポーツ紙もより味わい深くなるというかなんというか。
売れそうな本だなー。と思っていたところ、今週興味深いスポーツ紙見出しが登場していたので今回はそんな話を書いていけたらと思います。
(ここまでの長文がすべて前置き!もっとシンプルに物書きできるようになりたい!)


さてさて、今週最もワイドジャーナルを賑わせたのは「金正男が殺された」あの一件じゃないだろうか。
この時のスポーツ紙各紙の報道がなかなかに興味を惹かれるものだった。
手元に新聞がある人は是非とも確認していただきながら、ブログを読んでもらえればと思うのだが、殺害の報せが届いた直後は各紙とも驚くほど穏やかな報道調子だったのだ。
それは、確実に金正男本人なのかがわからないから、というのが理由としてあるのかもしれないし、印刷が間に合わなかったのかもしれない。
そうした理由は考えられるものの、とにかく穏やかな報道だったことは紛れも無い事実。
その翌日。どうやら犯行現場のビデオカメラから、実行犯が若い女性だったことがわかった途端、報道規模が一気に大きくなる。
やれ「毒霧」だの、やれ「ミニスカ」だの、「美人暗殺者」だの。なんともオヤジ好みしそうな言葉を大見出しにして、連ねて並び立てる。報知もスポニチもその他各紙も色めき立って騒ぎ始めた。


これがなんというか。可愛らしいな。と。
我々競馬ファンは、馬柱の頁だけを引き抜きがち(そして『男セン』をチラッと見がち)だけど、こうしてうがった見方で考えてみるとスポーツ紙という媒体がなんとも愛おしいものに思えてくる。
職場に必ずひとりくらいはいそうなオヤジがスポーツ紙だとすると……
女性社員に理解があるつもりでいるが、女性を信頼していないことが言葉の端々に、ついうっかり出てしまう。
そのくせスポーツニュースにはかなり気を配る。人間関係に細かい配慮をみせて、組織のなかでの生き方に強い関心をもっているようだ。
そのぶん人知れずストレスをため込んでいるのか、ちょっとテンションが上がると暑苦しい人生訓を語りはじめる癖がある。
さらにテンションが上がると、彼自身の考える「日本人らしさ」や日本人の国民性みたいなものを語りはじめる。
こういう親父の無垢で陽気。それでいて遠慮が隠せない。そんな性格が今回の金正男に関する報道からあけすけになったなー、と。うん。


他にも多くのワイドジャーナルが登場した今週末に開催されるのは2017年初のG1レース、フェブラリーステークス
自分はアスカノロマンを本命に推したい。
1600mへの短縮ショックを生かして、差しに回る位置取りショックに期待。そのためには枠順がなんとも不自由な感じではあるが、ジョッキー・調教師のコメントからも揉まれない競馬を目指すことはハッキリとしていて。それでいて、単勝オッズが25.6倍なら本命に推して十分に期待値があるだろう。
思えばここ最近はチャゲ&飛鳥ASKAの名前に重ねられて面白おかしくスポーツ紙に報道されてきたアスカノロマン
そんなASKAが逮捕後の新曲『FUKUOKA』を故郷の福岡でテレビ初披露したのもたしか今週の話。ASKAが捲土重来を図ったようにアスカノロマンも手の届いてこなかったG1タイトルの奪取に挑む。
ここを勝って、明日のスポーツ紙がどういう報道をとるのか。
どんな見出しで騒ぎ立てるのか。
そんなことを楽しみにするのも一興かもしれない。

流石にふざけすぎ……(京都記念予想)

 話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。「ガッキー可愛いな」「石田ゆり子さんもいいぞ」…などと、まったく世間と同じ反応で見たのだが、ドラマのあちこちに効果的に使われるアコーディオンのBGMやSE(効果音)を聞いて、ぼくは、
「ん?」
 と思った。
「む、む、む? この雰囲気。なんか以前に感じたことがあるぞ……」
 と。それは何か?

 いわゆる「劇伴」。ドラマの伴奏音楽だ。ここにどんな音楽を使うかで、ドラマの世界観が変わってくる。『逃げ恥』の場合、ところどころにアコーディオンが使われている。アコーディオンの音色が持つ、人間くさく、ヨーロッパ的でレトロ、おしゃれだがややコミカルで、どこか作りごとめいた響き。それが、この物語世界に合っている。うまいチョイスだ。
 そこで、スタッフ・クレジットを見た。
 このドラマは、エンディングの星野源さんの曲と恋ダンスばかりが注目されているが、オープニング曲は「チャラン・ポ・ランタン」とあった。
「あ、それか!」
 とぼくは思い出した。

「藤井さん、連続ラジオドラマをやりたいんです」
 と声をかけられたのは、2010年の6月。ニッポン放送のM編成局長からだ。
 ぼくは喜んだ。今どき、お金がかかるラジオドラマを、しかも連続物でやろうなんて企画は、普通は出てこない。それだけでも嬉しくて、驚いたのだが、
「時代劇をやりたいんです」
 と言われて、ぼくはさらに驚いた。ちょうどこの年、NHKの大河ドラマは『龍馬伝』で盛り上がっていたからだろう。節操がないとも言えるが、流行りモノに乗るというのも大事なのだ。ところがさらに、
「可愛い女の子が出てくるのがいい」
 とも言うのだ。前々年の大河ドラマが『篤姫』で、これもヒットしていたからか? 

 そこでぼくは『幕末三姉妹』というアイデアを出した。可愛い女の子はドーンと三人出そうじゃないか! 時代劇一番人気の幕末でいこうじゃないか!…と。
 どういうドラマかというと…黒船来航以来、開国か攘夷か佐幕か尊王かで日本中が大騒ぎ。たいては水戸や薩摩、長州、土佐、会津…なんて各藩が登場する。しかし、そんなに個性がハッキリしている藩なんて少数なのだ。
 三百弱ある藩の多くは、「ウチはどっちに付きゃいいんだ?」とオロオロうろうろ。とくに小藩なんて、定見もなく、とりあえず勝ちそうな方に乗っかろうと考える。そこらへん、いつの時代も同じだ。
 そこで、その名も「日和見藩」という小藩があって、そこのお姫様三姉妹が主役。そこになぜか龍馬や西郷ドンや勝海舟なども絡む形で、コミカルに幕末から明治維新までを描くドラマだ。

 ところで、実はラジオドラマでの時代劇というのは地味なのだ。現代ものやSFと違って、時代劇はSE(効果音)が少ない。
 なので、時代劇の中に突然、現代がドキュメンタリー的に混ざる形にした。つまり、現代ならば、黒船が来た時は当然ワイドショーが取り上げるだろうし、桜田門外の変の時は現場からリポーターが報告するだろう(ニッポン放送桜田門はとても近いし)…そういうことを、実際の局アナウンサーや報道部員にパロディ風にやってもらう、というアイデア。これでガチャガチャして、派手になる。

 三姉妹役は志保、相葉香凛岡崎歩美という可愛い三人を選んだ。そしてこの時、劇伴に選んだのが、まだまったく無名だったチャラン・ポ・ランタンアコーディオンだったのだ。


……
だそうでーす。
ここまで全てネットにあがってた文章をコピペ。全く読んでないけど1番にヒットしたものをコピペ。
まあ、とかく、そういう話……

逃げるが…….って時点でヤマカツライデンを買いたい心境はお察しいただけるでしょう。
金になるまで諦めない。
こんらずるい更新は後にも先にも今回が最後。。。

身の丈を考える(東京新聞杯予想)

f:id:BxKxN:20170205134236j:image

一時期に比べると随分マシになったものの、いまだにエンゲル係数が高い。決して美食家というわけではなく、ただただ酒量が多いだけだが、これがなんとも由々しき問題で毎月末には、酒代・馬券代を捻出するためにそろばんを弾く事態になる。そんなことが多々あった。
「もう少し酒代を抑える努力をしろ。今時芸能人でもそんな無茶な酒の飲み方しない」
と言ったのは実家の母で、帰省の度に似たようなことを耳が痛くなるほど言われてきた。思い当たる節しかないし、いつも猛省する。たしかにこのまま酒であぶく銭を溶かし続ければ、とんだ放蕩息子になりかねない。もう少し酒量を抑えなきゃな、うん。


しかし、本物の芸能人はやっぱりスケールが違う。
1ヶ月に340万円もの大金をワインに費やす男がワイドショーに登場していた。
その男はジョニーデップ。ハリウッド大作映画に出演し続け、多くのフォロワーを生み、世界中に彼のことを知らない人はいないであろう、そんな男の1ヶ月の酒代はとてつもない額だった。
ワイドショーが伝えるには、ワインの他にも、服飾品やヨット、個人で開くイベントなどで、月々2億円を費やすという、なんとも庶民には解せない話。結論としては、浪費が破産危機を招き、マネジメント会社が彼を提訴することを検討している。という内容が伝えられた。
ずっと親のように、彼の資産管理を行っていたマネジメント会社は幾度となく、その浪費に注文をつけていたという。しかし、その注文に耳を傾けることなく、破産危機という事態を迎えたわけだから、彼もこれまたとんだ放蕩息子と言えるかもしれない。


金額こそ違えど、このニュースを見聞きして、耳が痛くなる人はきっと少なくない。
ホストにはまり、首が回らなくなり、芸能界をドロップアウトして、AVに出演した女もいた。
そして、このブログを読んでいるような競馬好きにとって最も身近に感じられるのは、博打に関する浪費だろう。
競馬の場合、一度にベットする金額が大きければ大きいほど、払い戻しの額も大きくなる。大きく儲けようとした時、最も簡単なのはガチガチの1番人気に持ちうる金額を全てつぎ込むことで、それだけに、身の丈に合わない金額をつぎ込み、持ち金がショートする人は少なくない。
「俺はお馬で人生アウト」という走り書きを残して、中山競馬場のトイレで自殺したおじさんもいた。Twitterでうん十万の金額で勝負していた人が突如更新しなくなった。そんなことは掃いて捨てるほどよくある話。
ジョニーデップの話は、一線を引いて、鼻で笑えるようなニュースじゃない。博打の魔力に取り憑かれている以上、紙一重の話なんじゃないだろうか。
まあ、兎にも角にも身の丈にあった賭け方をする必要が馬券好きな我々の至上命題だろう。


疲れからか、ストレスからか、やたらつらつらと無意味なことを書き進めてますが、放蕩、だとか、身の丈に合わない、だとか、そんな話から競馬の話にスムーズに移ろう。全然スムーズじゃないけど。仕事のトラブルでそれどころじゃないけど。


俺が東京新聞杯で本命に推すプロディガルサンも「身の丈に合わない」が続いて、それに苦しめ続けられてきた。
ディープで菊花賞ってねえ。セントライト記念でそこそこ好走したからって、そりゃあねえ。。
うん。今回こそが適正距離の下限。
1600〜2000がこの馬の適正距離だと思っている自分としては、東京新聞杯の出走確定は嬉しい報せだった。
他にもディープの古馬初重賞。ディープの休み明け。ポテンシャルは散々示してきている。それだけにオプションの揃ったここで買わずにはいられない。ずっと辛酸を舐めさせられ続けてきた憎き相手エアスピネルにもし勝てるとしたらここ。田辺の継続騎乗もこの馬にかける強い思いだと、良い方にとることにしよう。

 

思えば、この馬の名前の由来も「放蕩息子」だった。

放蕩息子もここでお終い。孝行息子になる時が来た。ジョニーデップもまともな価値観を持つ人間になれたらいいね。俺も親に安心してもらえる大人でありたい。
放蕩息子もここでお終い。自分と重ね合わせながらそんなことを思う。
東京新聞杯はプロディガルサンからの三連複で勝負。
(仕事のトラブルゆえに推敲皆無。これから、多分、怒られてくるのです)

知ってるつもりか!(根岸S予想)

f:id:BxKxN:20170129115457j:image

杉の宮駅が京王線の駅だとは知らなかった。
「そんな駅、京王線にないですけど?」
なんてツッコまれるかもしれませんが、最初に書こうと思っているのは、スタジオジブリ製作の映画『耳をすませば』の話。(まあ、いつものごとく、この後、二転三転しながら競馬予想につながる予定です…)


なんでこんな話から始めたかって、先週放送されてた金曜ロードショーで『耳をすませば』を10数年振りに見たからで。
耳をすませば』はスタジオジブリ作品の中でも好きな作品のひとつで、学生時代に何度も見ているし、あらすじは諳んじることができる。
それだけに「『耳をすませば』に関してどれくらい知ってるか ?」と聞かれたら、ってまあ、そんな機会はまずないものの、「そこそこ知ってると思うけどね。」と答えると思う。そう思っていた。だってそうだよ、子供の頃に何回も見てるわけだ。
でも、それは大きな勘違いだった。
歳を重ねて改めて見てみると、やけに細かいところに目がいく。主人公、月島雫が住んでいる団地の煩雑さ、室内に置いてある本のタイトル、貼ってあるポスター。最寄駅の杉の宮駅。
そんな駅、東京にないけどなあ、と思って調べてみると、聖蹟桜ヶ丘駅がモデルだそうで。加えて、劇中に出てくる向原駅は、これまた京王線百草園駅だそうで。好みで何度も見ている作品だけど、その作品の内実、ディテールについては全く知らなかったというわけ。結構有名な設定みたいですけどね、うん。
いつも最寄駅から東京競馬場に向かう際、京王線に乗って、当該駅を通り過ぎているにもかかわらず、全然知らなかった。府中で競馬が開催されていれば、毎週のように乗ってる電車なのにね。知らなかった。
名前や作風は知っていても、実は作品を読んだことのない司馬遼太郎だとか、モノマネでよく見聞きしているけど、作品はほとんど見たことのないジャッキーチェンだとか。
自分の中で人並みに知っているつもりでも、その実、詳しいこと、というか、細かいことは知らなかった。そんなこと、まあ、よくある話だ。


知ってるつもりでも、実は知らなかった。それが最悪なかたちで表れた記者会見を週始めに目にした。
「17歳とは知らなかったんで……」
お笑い芸人狩野英孝がファンの女の子に手を出した結果、見事にそれが世にバレてしまい、淫行疑惑が持ち上がり、脂汗タラタラにそう答えていた。
女性関係がらみの会見なだけに意図的になのか、囲み取材に参加している記者は99%が女性で、なんとも報道の人たちはエゲツないなー。なんて思いながらも、もしかしたら本当に彼は彼女の年齢を知らなかっただけかもしれないな。
そんなことを考えていた。
限りなく黒に近いグレーなだけに、世のワイド精神旺盛な人たちが騒ぎ立ててたけど、交際の詳細については知る由もないし、とりたてて、知りたくもない。
何が書きたかったって、自分の中ではよく知っているつもりでも、その実、詳しいこと、というか、細かいことは知らなかった。まあ、よくある話だ。そういうこと。


こんな話から唐突ではあるものの競馬の話へ。
今週末開催される重賞はふたつ。ここでは根岸Sについて。自分が推す馬はモンドクラッセ。

デビューは芝。調教でも好時計を連発。血統背景もよく、新馬戦では1番人気に支持されるも追走でいっぱいいっぱい。その後も芝のレースを使っては鬼脚を見せながらも勝ちきることはできず。結局ダート替短縮で脚質転換。それからはダート一線級の馬に一気に駆け上がった。
そんなモンドクラッセは今回初めての短距離戦への短縮臨戦。

現在単勝12番人気と、多くのファンが当馬の距離適性を不安視していることが手に取るように伝わってくるが、これまでもラップの厳しいレースは経験してきたので逃げての粘りこみにも期待できるし、アグネスデジタル産駒の当馬は明らかなS系なので、位置取りを差しに転換しても面白い。芝でも追い込んで味のある競馬はしてるしね、うん。
若干タイプは違うものの、帝王賞で先行して、短縮臨戦で臨んだ根岸Sで位置取りを差しに転換した結果3着に食い込んできた。イメージはそんなテスタマッタにも被るところがある。
ってなわけで、今日はモンドクラッセに財布の中身全部。

 

モンドクラッセを知る多くのファンが
「まさか差して味のある競馬ができるなんて知らなかった」
「短距離でもパフォーマンス発揮できるなんて知らなかった」
なんて、馬券圏内に驚くことになるかもしれない。
知ってるつもりでも、実は知らなかった。そんならことってよくありますしね。
根拠は薄いですが、なんですかね……
理由は……「野生の勘」といったところでしょうか。
そんなオチで。

 

しみったれた夜(AJCC予想)

f:id:BxKxN:20170122084726j:image

Y口A香(29歳)
中学高校大学。それくらいの年頃でぼんやり考えていた将来のかたち。
仕事とか生活とか、あてもないのに何故か幸せな未来を想像できていた。
「23歳くらいで友達に紹介してもらった男と付き合い始めて、2,3年付き合って結婚して。その次の年には子供もできる。できたら3人くらい子供は欲しいかな。老後もちゃんと面倒見てもらうために。」
高校生の頃、学校帰りのマクドナルドでそう話していた彼女も、歳を重ねるにつれ、酸いも甘いも噛み分けられるようになる程度に経験を積んだ。
人生を語れるほど而立しているわけではないものの、“普通の幸せ”っていうものが、いかに綱渡りを繰り返した果てにあるものなのか、いかに難しいことなのかを最近理解できるようになったという。


久しぶりにFacebookを開いて、縁遠くなってしまった若い頃の友人のページに飛んでみると、ある人は大手代理店の選抜チームに選ばれていたり、ある人は一部上場企業の旦那を捕まえていたり、ある人は3年ほど更新が止まっていたり。そういうことってあるよね。
昔の友人と、今の自分を照らし合わせながら、安堵したり、悔しくなったり、虚しくなったり。
「あの子が結婚だって!信じられないわ!」と息巻いたかと思えば、「全然更新してない人は今何してんだろうね」と不安な体を装って蔑む。
まあ、そうした、不毛で根暗な、しみったれた夜を過ごすことは俺自身たまにあるし、似たような夜はきっと誰にだってある。
だからと言って深夜3時に電話を鳴らすのはやめてほしい。そう伝えて電話を切った。
そう、ここまでは酔っ払いからかかってきた電話の内容をまとめただけ。
内容がないのも仕方ない。
周りと自分とを比べて、その現状の差について無駄に落ち込んだり、なんなら、将来の差まで気にして無駄に落ち込んだり。わかるけどね、うん。


と、こんな、読んでる人の気持ちを暗くさせてしまうような話はこの辺にしておいて、競馬の話に移ろう。
今週末にはふたつのG2レースが開催される。ここでは、昭和35年から開催され続ける伝統の重賞、AJCCの話。


今年のAJCC。出走する馬の中で本命の印を打つのはナスノセイカンに決めた。
思えば、ナスノセイカンも昔は自身の成績に葛藤を抱えざるを得ない競走成績だった。
未勝利戦を突破し、京成杯に乗り込んだものの大敗。
その後10数戦ほど、掲示板に乗るか乗らないか。そんな成績を行き来していた。
その間にも京成杯で戦った馬たちは重賞で成績を積み重ねていく。
彼が人間だったら、冒頭の彼女のような悲観を口にしたかもしれない。
周りと自分とを比べて、その現状の差について無駄に落ち込んだり、なんなら、将来の差まで気にして無駄に落ち込んだり。そんなこともあったかもしれない。
それでも彼は走り続けた。
まあ、馬という経済動物だから、走り続けさせられたんだけど。

今となっては、格のある相手に対して、悪くない競馬を重ねるほどになり、AJCCへいざ殴り込み。
派手な成績は残していないし、エリート街道を歩めるほどの馬ではなかった。
今回のAJCCでも周りの馬と馬柱に並べられた文字・着順を比べてしまうと、力量は思ってみえるかもしれない。
ただし、ナスノセイカンはここに至るまでのリズムが極上。ハーツクライ産駒だけに格上げ戦も大歓迎。それでいて延長。スタミナの求められる中山2200の舞台で、その末脚が発揮されれば十分馬券圏内が考えられる。どうにか内枠をせこく乗って、コーナーで外差ししてもらえれば……


などとつらつら。
自分の現状を人と比べても仕方ない。将来は今より恵まれた未来が待っているかもしれないし、その逆もありえる。
ただひとつ言えるのは、人と自分を比較して無駄にやさぐれても仕方ないということで。
そんなことをナスノセイカンの戦績に思った。
そうした中でナスノセイカンが馬券になったら痺れるじゃないですか。
全ての恵まれてこなかった人たちのためにナスノセイカン大本命。
AJCCはナスノセイカンに全部。